HOME > お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

プリンシパル・グローバル・インベスターズ株式会社

1.お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

プリンシパル・グローバル・インベスターズ株式会社(以下、「当社」といいます。)は、金融庁が公表した「お客様本位の業務運営に関する方針」を採択し、お客様本位の業務運営を実現するための方針を以下のとおり公表します。
当該方針は、原則年に1回見直しを行い、当該方針に係る取組状況を定期的に公表します。

2.お客様の最善の利益の追求

当社は、機関投資家のお客様の運用ニーズにお応えするだけにとどまらず、お客様が抱える課題に応じた質の高いソリューションをタイムリーに提案します。
当社グループでは、ブティックを含む運用拠点を世界の主要都市に置くグローバルなマルチブティック体制のもと、高度にプロフェッショナルな人材の確保に努めるとともに、競争力のある高品質なプロダクトのラインアップを充実させるための研究開発にも力を注いでおります。これらをベースに、中長期的な視点からお客様にとって最善の利益を追求してまいります。

3.利益相反の適切な管理

当社は、日本の金融機関や年金基金などに運用商品を提供するために設立された、米国の金融機関傘下の運用機関の日本法人であり、国内のどのお客様とも公正で適切な条件で取引することが利益相反を回避するために最も重要だと考えております。
また、社内では、お客様のために忠実に業務を遂行するとともに利益相反を回避するため、役職員による有価証券等の自己取引、議決権行使に関する方針及び手続きをはじめとする社内規程を整備し、想定される利益相反の未然防止を図っております。

4.手数料等の明確化

お客様にご負担いただく運用報酬及びその他の費用の内容につきましては、当該手数料がどのようなサービスの対価に関するものなのかを含め、お客様が理解できるよう分かりやすい情報提供を進めてまいります。

5.重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様への情報提供に際して、商品や市場の特性、リスク、手数料などについて、お客様にご理解いただきやすいように、明確かつ平易な説明資料をご提供するように今後も努めてまいります。また、商品の内容などに関するお客様からの問い合わせに対しては可能な限り詳細な情報を提供いたします。

6.お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、当社の提案がお客様の投資目的、経験、財産の状況、契約締結の目的に照らし適合していることを確認するだけでなく、常日頃からお客様とのコミュニケーションを綿密にとることにより、お客様が抱える課題を的確に把握したうえで、お客様に最もふさわしいと考えるソリューションを適時に提案し、提供してまいります。
お客様とのコミュニケーションの一環としては、定期的な運用報告に加え、必要に応じた報告を適宜行い、内容についてもマーケット動向を踏まえた要因分析を盛り込むなど、お客様の抱える課題を考察するのに際しても有益と考えられる情報を簡潔に分かりやすく提供することに努めます。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、中長期的な視点からお客様との信頼関係を構築し、お客様にとって最善の利益を追求することに資するために、高い資質と能力を備えた優秀な人材を維持できるような人事評価体系と報酬体系をとっております。
また、適切な内部統制とガバナンスのため、社内の各部署や社内委員会において潜在的なリスクを評価しているほか、取締役会の構成では非常勤取締役を多数とするなどのガバナンス体制を構築しております。さらに受託業務の保証監査、会計監査等の外部監査を活用し、適切な業務運営の維持に努めます。


(令和3年4月6日改訂)